探偵の求人を見つける

探偵になるには、まず探偵としての技術を高める必要があります。
言うまでもなく、探偵としての能力が何より必要なのです。


いきなりやろうとしてもできるものではないのです。

まずは、既存の探偵事務所の求人を見つけて、そこに応募して下積みをすることです。そうしたところでコツコツと技術を磨いて、最終的に独立するのです。

まずは、求人を見つける必要がありますが、別に特別なことはないのです。普通に求人を出しています。


探偵と言うと何か特別なイメージがありますが、別にそんなに特別なことはないのです。国家資格があるわけではありませんし、普通に採用試験を受けて、仕事をすることになります。



もちろん、探偵としての技術はまるでないわけですから色々と研修を受けることにはなりますが、それはどんな職業にも言えることです。

下積み時代と言うのはどんな職業でもあるものです。むしろ、探偵と言う職業はかなり独立しやすいと言ってよいです。何しろ、腕さえあればとりあえずは仕事ができるのです。

事務所を構える必要はありますが、基本的には外で調査をすることが殆どですから、事務所は応接室と事務仕事をするところだけで十分です。
後、意外と重要なのが経理の能力です。

どんな職業でも独立する場合には必要な能力です。

これを疎かにする人が意外と多いのです。
技術さえあれば成功すると言うわけではないのです。

キチンと補助的なこともできるようになっておかないと大変です。もちろん、人を雇うことができるならそれにこしたことはないのですが、かなり人件費が掛かってしまいます。
小さな事務所でしたら、人を雇うより自分でやったほうが効率が良いのです。

何も経理、簿記の専門家になれ、と言うわけではないのです。


日々の経理を卒なくこなせるようになれば良いのです。

それほど難しいことではないです。

探偵事務所でも経理や事務は必要です。

人に任せるくらいでしたら、自分でやったほうが効率的です。