居酒屋開業に必要となる費用や資格とは

現在、居酒屋のように、自らの手で独立した店舗経営を行いたいという希望を持つ方が増加しています。

特に、以前までは脱サラと呼ばれるような、元々の職場を退職し、新しい仕事として居酒屋などの飲食店の経営に乗り出す方が注目された事も有り、現在でもこの傾向は継続しています。



ただし、飲食店などの店舗経営を行う際には、事前にある程度の下準備を行っておく必要があり、様々な点で注意点があります。



その一つが、店舗の開業資金の問題です。例えば、いわゆるフランチャイズなど、チェーン展開を行っている店舗の支店として経営を行う場合を除き、独立した形で居酒屋などの飲食店を開業する場合、立地などによっても違いがありますが、大まかに換算して、最低でも500万円程度の準備資金を用意する必要があります。
もちろん、この費用には、店舗経営に必要となる店舗の賃貸契約費や調理道具の準備費用、従業員の確保や食材の調達など、様々な費用が発生します。



もちろん、更地に店舗を新しく作る場合には、地代や住宅建築費など更なる費用が必要となります。
また、居酒屋のような飲食店を新規開業する場合には、食品衛生管理者や防火管理者など、法律によって定められている店舗管理に関する各種資格を取得しておく必要もあります。
加えて、保健所や消防署、税務署など各官公庁への店舗開設の許可申請を行うほか、居酒屋のように深夜に渡るまで酒類を提供する業務を行う場合には、警察署への届け出も合わせて行う必要があります。